初中級者のための麻雀何切る問題集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初級押し引き

押し引き1
1巡前に上家が手出しpin4m.gif切りでリーチしてきた。
私はそれをチーしてテンパイをとったところ、次巡のpin7m.gif引きで待ちの選択が可能になった。
危険なpin6m.gifを切ってリャンメン待ちにするか、安全なpin7m.gifツモ切りでシャボ続行か。
この画像の場合とドラがpin6m.gifの場合とでどうするか考えて欲しい。

簡単な問題である。ドラが何であろうが、pin6m.gifを切ってリャンメン待ちにするのが正解。
上家はpin1m.gifpin7m.gifが切れた後にpin4m.gif手出しのリーチなので、pin4m.gifが未完成ターツの関連牌である可能性が強くイメージされ、心理的にpin3m.gifpin6m.gif待ちなどは最も危険そうなところに見える。
しかし何度か説明しているとおり宣言牌の周辺が特別危険ということはないし、上家のリーチには通っていない筋がたくさんあるので、pin6m.gifを一枚通すぐらいの危険度はたいしたことはない。
いや、仮にpin6m.gifの危険度がかなり高そうに見える場合であっても、残り7枚のリャンメン待ちと、4枚のシャボ待ちではアガれる確率に大幅な差が出てくるため、ほとんどの場合はpin6m.gifを切った方がよい。
pin7m.gifを切った場合、この1巡の間は安全でも、和了率が下がることにより次巡以降より多くの危険牌を切らなければならないし、被ツモ率も増えるため、トータルで見ると確実に損なのだ。
pin6m.gifがドラである場合、つまり5800点のリャンメンと11600のシャボを選択する場合であってさえ、ドラを勝負して5800のリャンメンにするほうが有利である。

残り巡目がまだたくさん残っている場合、親の場合、打点が高い場合、などのときは少しでも待ちの枚数が多い方を選択して和了率を高めるのが基本となる。

スポンサーサイト

▲閉じる

コメント

さすがに得点が倍になるんだったらシャボのほうがいいと思うんですが、その場合のリャンメン有利の根拠って具体的に何かあるんですか?

  • 2009/09/04(金) 12:25:09 |
  • URL |
  • 名無しが死んでも代わりはいるもの #-
  • [ 編集 ]

1問目は6p切りが正解だと思いますが2問目は、
①打点がリャンメンとシャボで倍違う
②6pのアタリ率、アタリ打点共に増加
③5pが一枚ドラ表示牌になる
のトリプルパンチでさすがに7p切り優位かな、と感じますが・・・。

  • 2009/09/05(土) 12:16:34 |
  • URL |
  • 和 #-
  • [ 編集 ]

先制テンパイならドラシャボが有効ですが、他テンパイ者を相手にする場合は打点より和了率が一般的に重要というのは常識ですよね。

  • 2009/09/05(土) 21:25:45 |
  • URL |
  • うん #-
  • [ 編集 ]

二つ目は7pじゃないですか?
ドラ6pということは表示牌で一枚5pがあるから枚数は4:6
ドラでラス目に放縦するとほぼラスに落ちてオーラス
打点が倍
シャボにしているとやばそうな36s引いても、結構通りそうな8sと振り返ることが出来る
別に58pは現物じゃない

7pのがいいような気がします・・・

  • 2009/09/19(土) 11:38:17 |
  • URL |
  • 通りすがり #-
  • [ 編集 ]

リーチ者が実際はどんな牌姿だったかを教えてもらえないでしょうか。

  • 2009/09/27(日) 10:23:52 |
  • URL |
  • yume #aZSyvsFo
  • [ 編集 ]

リーチ者は3445赤5677m23466s という形でした

  • 2009/11/03(火) 12:26:45 |
  • URL |
  • 六分儀 #1AbETQ7k
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/12/09(月) 17:40:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokubunngi.blog7.fc2.com/tb.php/48-fa6c5019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。