初中級者のための麻雀何切る問題集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みについて

何切る問題という主旨からは外れるのだが、ここで麻雀において「読み」と総称される技術のうちいくつかについて、有用と思われるものと不要と思われるものについて管理人の意見をまとめておきたい。
まずは、対リーチに対して、どの読みが有効か?
以下のどの条件にあてはまれば安全度がどの程度上下するか?
または実戦的には事実上関係ないか?という話である。

裏筋 宣言牌のマタギ筋 宣言牌の筋 間四ケン
序盤の捨牌の外側 手役読み(七対、混一、三色、)
ワンチャンス 生牌 安全牌切りリーチ 赤切りリーチ
リャンメン落とし カンチャン落とし(間に安全牌がある形) トイツ落とし

不要と思われる読み

裏筋 
対リーチに関しては、捨牌の裏筋というものは全く無視していい。捨牌の二筒が、二筒四筒五筒からのものなのか、二筒五筒六筒からのものなのか、単なる孤立二筒からのものなのか判断できないからだ。
むしろ、二筒の周りの連続系の可能性が否定されるため、通常より三筒は安全とすら言える。

宣言牌のマタギ筋
五萬を切ってリーチしてきたときに、四萬五萬五萬五萬五萬六萬からのリーチの可能性が高いとして三萬六萬四萬七萬を警戒することがあるが、これは捨牌にもよるが、基本的にあまり意味がないと考える。
というのは、仮に五萬五萬六萬五筒六筒東東のような形が残った完全イーシャンテンだったとしてさえ、四萬五萬七萬東が先に入れば四萬七萬待ちにならないので、40%の確率でしか四萬七萬待ちにならない精度の悪い読みだと言えるからだ。
しかも実際に完全イーシャンテンになる可能性はあまり高くなく、愚形や連続系が混じっている形ではこの読みは役に立たないため、例外が非常に多い読みと言える。宣言牌のマタギ筋も通常の無筋と同じに扱うのが基本だ。

手役読み
リーチに対して手役を読むのも無駄な努力に終わることが多い。
三色・平和・タンヤオなどは全く読むだけ無駄だし、七対や混一のように見える捨牌も、実際に倒されてみるとそうではなかったということは多い。
七対だけはよく手出しを見ていれば看破できることはあるが、5巡目以内のリーチに対してはいくら中張牌ばかり切れているからといって、七対だと決めつけるのは危険だ。
チートイであると自信を持って言えるのは、中張牌や2枚切れ以上の字牌がバラ切りされていて、字牌を切ってリーチ、などのときだが、そもそもチートイという役自体5%も出現しないので、これを読めてもあまり意味がない。

カンチャン落とし
八萬北六萬(リーチ)のような捨牌になっているとき、安全牌をツモ切って六萬を残しておいたのは五萬六萬六萬の形があるからであり、四萬七萬が危険である、という読みをする人がいるが、管理人の経験ではそのパターンで特に四萬七萬が危険ということはなかった。
「宣言牌のマタギ筋」がほかの無筋に比べて特に危険ではない、というのと同じような理屈で、その形以外でその捨牌になるパターンが多すぎることと、その形であったとしても四萬七萬六萬が先に入っていれば四萬七萬待ちではなくなるため、とにかく例外が多すぎるのである。


要するに、「不要な読み」「間違った読み」に共通していることは、いくらでも例外があるのに特定の形を想像してその形に決めつけてしまうことが間違いの原因だということである。第一打に一萬を切ったら四萬を持っている、ツモ切りリーチはその前の捨牌の筋が危ない、などもその類である。
そうではなく、特定の形があり得ないということを決めるのが有効な読みとなる。

次回更新で残りの「有効と思われる読み」についてまとめる。

▲閉じる

スポンサーサイト

ドラのあつかい

次の手牌は切り方によってドラと赤に対応できるかどうか変わってくる。
問題として出されると簡単かもしれないが、実戦でここまできちんと意識して打つのは難しい。
(1)pin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin5m.gifpin6m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou7m.gifsou7m.gif ポン2m2m2m ドラsou7m.gif
(2)3m3m5mman5r.gifsou2m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou8m.gif チーpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gif ドラsou4m.gif
(3)2m3m3m4m4m4mpin3m.gifpin4m.gifpin5r.gifpin6m.gifpin7m.gif チーsou3m.gifsou4m.gifsou5r.gif ドラsham.gif
(4)1m3m4m5m6m6m8mpin4m.gifpin5r.gifsou8m.gifsou8m.gifsou8m.gifsou9m.gifsou9m.gif ドラ6m
(5)3m4m6m7mpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin7m.gifpin8m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou2m.gifsou3m.gifpeim.gif ドラ6m

(1)普通にpin2m.gifを切ると、喰い替え禁止なのでpin5r.gifを鳴けなくなってしまう。
pin5m.gifを切れば、上家がpin5r.gifを切ってきたときにpin4m.gifpin5r.gifpin6m.gifのカンチャンチーで打pin2m.gifとでき、喰い替えにならない。

(2)この問題も、打sou8m.gifとすればドラsou4m.gifsou5r.gifが鳴ける。
sou2m.gifsou3m.gifsou4m.gifの形でチーして打sou8m.gifsou5r.gifsou6m.gifsou7m.gifの形で鳴いて打sou2m.gifとすれば喰い替えにならない。
sou2m.gifsou5m.gifを切らないよう注意。

(3)2mを切れば5mが鳴ける。
3mを切ると喰い替えになってしまい5mが鳴けなくなるので注意。
この形はman5r.gifだけでなく345の三色もあるので5mも鳴こう。4mをカンしてマンガンを狙うのも面白い。

(4)ドラ6mを使い切るには1m切りが正解。
8mを切ると2mツモのときドラが出て行ってしまう。

(5)基本的にpeim.gifを切るのが良い。
ドラをツモってきたときに二度受け解消かつドラを使い切れる。
peim.gifを切った後pin1m.gifpin4m.gifをツモってきたときは、打pin2m.gifとした形が受けが広い。

▲閉じる

牌効率 初級手筋(2)

前回難しすぎたので、簡単な基礎の確認問題。
(1)1m2m3m5mpin2m.gifpin2m.gifpin6m.gifpin7m.gifsou1m.gifsou2m.gifsou3m.gifsou6m.gifsou8m.gifsou8m.gif ドラ7m
(2)2m3m7m8mpin4m.gifpin5r.gifsou1m.gifsou1m.gifsou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou7m.gif ドラpin1m.gif
(3)3m3m6mpin2m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin5m.gifpin7m.gifsou2m.gifsou4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gif ドラ5m
(4)1m2m2m3m3m6m7mpin1m.gifpin1m.gifpin6m.gifsou3m.gifsou5m.gifsou5m.gifsou7m.gif ドラ7m
(5)1m2m3m6m7mpin3m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifsou4m.gifsou6m.gifsou8m.gifsou8m.gif ドラ1m

リーチを狙う手において「リーチ先制率(リーチ平均巡目)」「良形率」「打点」はそれぞれ同じくらい大事であるが、「打点」は狙って高くしようとしなくてもドラが1枚あればそこそこ高くなりうるし、三色など手役を狙うとリーチ巡目、良形率が犠牲になりやすいため、あまり意識する必要はない。他の二つは牌効率によって大きく変わるし、成績にも影響する大事な項目だ。
「リーチ巡目」「良形率」は両方高いレベルにすることは難しいが、
リーチ巡目が8.3なら良形率52%,リーチ巡目が8.5なら良形率55%,リーチ巡目8.7なら良形率59%(私)というような基準が天鳳特東における上級者のデータの一例である。むろんこの2つだけでリーチの上手さを語るのは無理があるが、参考にはなると思う。

(1)5m切りが良い。愚形リーチが嫌だからといって、sou6m.gifなどを切ったりすれば、sou7m.gifツモでの好形リーチを逃すことになる。5mの周り4m6mの8枚を持ってきてやっとイーシャンテンよりは、sou7m.gifツモの4枚でテンパイ、リーチとなるほうがずっと有利だ。先制で好形リーチを打つためには愚形をメンツにできる受け入れを手厚く残すのがポイントで、愚形を払うのではない。

(2)2m3mまたは7m8m落としが正解。
ターツオーバーの時は一番弱い部分をできるだけ早めに落とし、他の受けを強くすることによってイーシャンテンの受け入れを多くするのが良い。sou4m.gif切りはイーシャンテンの受け入れを減らす典型的な誤答。sou1m.gif落としでタンヤオ狙いはやや無理がある。

(3)チー可能なイーシャンテンならドラそばとはいえ6m切りだろう。
愚形ばかりの手なので、pin4m.gifpin6m.gifsou3m.gifはさっと鳴いてテンパイをとる。

(4)この手も(1)の問題と同じで、pin6m.gifを切って愚形解消の受け入れを多く残すのが良い。
pin6m.gifにくっつけて好形リャンシャンテンにするよりは、pin1m.gifsou5m.gifの4枚をツモって好形イーシャンテンにするほうが良いに決まっている。

(5)sou8m.gifを切ればsou5m.gifツモでピンフがつくし、sou5r.gifツモの最高形もあるが、pin3m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifこの形があるときはsou4m.gif切りが正解だ。
pin2m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin7m.gifツモでのピンフ変化のほうがずっと重要となる。先に5m8mツモなら、打sou6m.gifとしてピンフ手変わりを待つ打ち方もできる(pin3m.gifsou8m.gifの枚数が少なくなければ即リーがおすすめだが)

▲閉じる

牌効率 中級手筋

(1)3m4m6mpin4m.gifpin5m.gifpin5r.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou8m.gif ドラsou9m.gif
(2)4m5mpin1m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin8m.gifpin9m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gif ドラ8m
(3)6m7m8mpin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gifsou2m.gifsou2m.gifsou3m.gif ドラ1m
(4)5m6m6m7m8m8m9mpin3m.gifpin4m.gifpin7m.gifpin8m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou1m.gif ドラpin9m.gif
(5)2m3m4m6m7m7m7m8m9m9mpin2m.gifpin2m.gifsou4m.gifsou5r.gif ドラpin5m.gif

(1)pin5m.gif切りが正解。
pin4m.gifpin5m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin7m.gif・・・pin3m.gifpin6m.gifpin5m.gif受け入れ
pin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gif・・・pin3m.gifpin6m.gifpin9m.gifpin8m.gif受け入れ
ピンズ部分はこの2つの有名な連続形がくっついたような形だが、5pと8pが両方あっても受け入れがかぶっているので効率が悪い。
5pがあっても残り3枚の5pと7pしか受け入れが増えていない。
その点6mは、3m6mの6枚の受け入れを増やしているのでずっと必要だ。
頭がないとき、3m4m6mの形は3mでもテンパイできるというのは喰いタンの仕掛けをする際などに覚えておくと役立つ。

(2)打pin3m.gifが正解。
ピンフの手筋とばかりにpin9m.gif切ってしまいそうだが、実はpin3m.gif切りの方がテンパイ枚数も30枚で一枚多く、イッツーがあるため優秀だ。
ドラがないときはリーチ一通カンチャン待ち>リーチピンフ(愚形5200>良形2000)なので、ほとんどのテンパイで3p切りが優位になる。自分でpin2m.gifを一枚使っていることも考え合わせればなおさら。

(3)この形はsou2m.gifを切ったときpin2m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin9m.gifpin4m.gifpin7m.gifsou1m.gifsou4m.gifのどこが入ってもピンフテンパイになるという面白い性質がある。pin4m.gifpin7m.gifが流動的に頭になれるためで、非常に美しい形だ。自分で考えて確かめて見てほしい。
ただし正解はpin7m.gif切り。sou3m.gifのくっつきを残す方が優秀だ。

pin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin8m.gif・・・pin2m.gifpin5m.gifpin3m.gifpin6m.gifpin9m.gifの受け入れ
pin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin7m.gifpin8m.gif・・・pin2m.gifpin5m.gifpin8m.gifpin6m.gifpin9m.gifの受け入れ
なので、pin4m.gifpin7m.gifを持っていることにより増える受け入れがほとんどかぶっているため、両方は要らない。
そして、pin7m.gifを切った方がタンヤオになりやすいのも気づきにくいポイント。
69pではなく369p待ちが残る方がタンヤオになりやすいのである。

(4)9m切りが正解。
8m9mのどちらを切っても完全イーシャンテンで受け入れ枚数は同じと把握できただろうか。
7mを先にツモったときに一盃口がつくぶん、9m切りが優秀だ。

(5)7m切りなら9m7mより一枚多い分受け入れも一枚多く、8mツモで一盃口が残るが、正解は9m切りだ。
9mを切ると7mpin2m.gifでタンヤオがつくことを意識したい。鳴いてテンパイとれる方が価値があるので9m切りがいい。マンガンが条件なら、7m切りの方が良いだろう。

▲閉じる

トップ目での打ち方

WS002004.jpg
WS002005.jpg

トップ目のときはどう考えるか

16000点以上差のついたトップ目のときは場を見て自分で速攻でアガリ切るかアシストするかベタオリするか、そのどれかを選ぶのが基本。
上の画像で言えば、漫然と3mtyunm.gifを切るのは悪い見本
5巡目でこの手なら自分でアガリに行くのは諦め、親に好牌を鳴かせないように、かつトイメンにも振り込まないようにpin1m.gifなどを打って、完全に親に絞りきるべきだ。
字牌はリーチが来たときのために残し、sou8m.gif連打なども良い。
ドラがpin5m.gifなのでトイメンの喰いタン仕掛けは3900以上になる可能性が高く危険なので、すでにベタオリする意識で打ちたい。

下の画像の場合も、自分でアガるのではなく下家にアシストするのが良い打ち方。
sou4m.gifsou6m.gifpin3m.gifpin8m.gifのように鳴かれそうなところから切っていく。ハネマン放銃してもトップなので、きちんと差し込みに行く。
真ん中の牌から切っていくため、字牌を抱え込んで親のリーチが来たときに安全になりやすいというメリットもある。親の安牌は意識的に残していく。
789の三色など見て自分で鳴いてアガリに行くのは危険な打ち方。

▲閉じる

実戦牌効率

WS001938.jpg

場況から導かれる打牌は・・・(ちょっと難しいかも)

チートイイーシャンテンだが、リャンメン系がそろっているし、赤が浮いているのでここでチートイは見切る。
5m切りは完全イーシャンテンが崩れるのでダメ。
中落としは打撃系の一打で有力だが、余剰牌が出るし残り3枚の69s待ちがネックになる。ソーズが伸びても78sがポンしにくいし、守備力も落ちる。
ここは役牌の中を生かす手作りがスマートだと思う。
5sか8sだが、残り枚数や場況を考え打sou8m.gifを正解とする。
打8sとしても6sツモの一盃口は残る。どのような手順を踏んでも一盃口のロスがないことを確認したい。
最終的にソーズ待ちテンパイが残った場合も、5sと中のシャボでリーチするので、一盃口のロスは残らない。
打8sは5sが一枚多く受けられ、最終形として5sと中のシャボリーチが打てるのが利点。
中ポンして打7sとした場合でも、赤5sのポンが効くのも大きい。

▲閉じる

実戦何鳴く(3)

WS001791.jpg

ともすれば鳴きなしを押しそうだが、、、

こんな牌姿からでも鳴いていくのが赤入り東風戦の打ち方だ。
6msou2m.gifsou4m.gifsou8m.gifは鳴く。(4sは234sで鳴く)
この手、一見まとまっているようだが、リーチのみだとか愚形のテンパイになる可能性も高く、ドラと赤が見えていないし他家は早そう高そう。
安牌の西を一枚持ちつつ、親満ツモられる前に仕掛けておいて流すのがベストと思う。
pin5r.gifsou7m.gifなどを鳴くのもありだが、1000点が2000点になっても大して変わらないので、どちらでも良い。

似たような形として・・・

WS001862.jpg

もう9巡目。こんな形からpin2m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou7m.gifを鳴いていくのも実戦的だ。
ピンフがつかない形なので、リーチ棒出しての7700より鳴いて5800のほうが微差を争う東風戦では強いと思う。リーチしたら36pも47sも相当出にくいこともあるし、リーチ棒支出のせいで3着以下になりかねないこの点数状況なら鳴くべきだろう。
タンヤオ変化を意識して3sを残せるようにしたい。

▲閉じる

牌効率 頭のない形

(1)1m2m2m3m7m8m9mpin3m.gifpin4m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin8m.gifsou4m.gifsou5m.gif ドラpeim.gifのときとsou4m.gifのとき
(2)3m3m4m5m5m7m8m9mpin2m.gifpin3m.gifpin3m.gifpin3m.gifsou4m.gifsou5m.gif ドラsou8m.gif
(3)1m2m3m3m4m5m5m6m7mpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifsou3m.gifsou4m.gif ドラpin5m.gif
(4)3m4m5mpin3m.gifpin4m.gifpin8m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou2m.gifsou3m.gifsou7m.gifsou9m.gifsou9m.gifsou9m.gif ドラsou1m.gif
(5)2m3m4m6m8mpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifpin8m.gifsou2m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou6m.gifsou8m.gif ドラ3m

(1)打2m・・・34p45sの4種12枚でピンフテンパイ、25p36sの4種16枚で役なし単騎
   打3m・・・25p36sの4種16枚でピンフテンパイ
ピンフで即リーできる枚数は打3mのほうが多いが、
こういった形はたいてい2m切りで面子を固定するのが正解になることが多い。
25p36sを引いたとしてもすぐノベタン・亜リャンメン・字牌単騎で有効なテンパイがはりなおせるからだ。
しかしドラなしのクズ手の場合はそうもいかない。アガリやすいとはいえリーチのみの字牌単騎やノベタンでは少し危険な動きを見せている相手には勝負に行きにくいので、テンパイ復活する牌のほとんどがあまり嬉しくないテンパイとなってしまうためだ。
従って、ドラ北の場合は打3mを正解とする。
ドラ4sの場合は打2mが正解。ドラ引きの最高形や、裏目の25p引きでもドラ単で即リー可能だ。字牌単騎やノベタンになってもドラ1枚あればそこそこの打点が見込める。

(2)打3m 7種25枚、すべて良形テンパイで4種16枚でピンフ(2種8枚で三門張)
pin2m.gif 7種23枚で良形、2種6枚で愚形テンパイでピンフは1種3枚

正解は打3m
打2pのほうが受け入れは多いものの、良形テンパイ枚数やピンフ枚数や待ちの枚数でかなり劣る。
カン4mの一盃口のみやリーチのみの25m待ちなどはあまり強いテンパイではないので、
9巡目程度までなら3mを切ってピンフを目指すのが良い。裏目の6mも有効牌になる。
それ以降の巡目ならテンパイ枚数の多い2p切りで、テンパイを入れるのを優先する。

(3)打sou4m.gif→147m258m36m2356p3s 12種37枚 3sの3枚でツモドラ1
1m→258m36m25s 7種23枚 チー 6種20枚
3m→147m258m25s 8種27枚 チー 5種17枚

ピンフ系で役なし単騎になった形。こういう形は打4sとして単騎手変わりを待つのがいいことが多いが、タンヤオや三色など役がつく場合は別。
この形なら打3mが正解だ。こんな形は実戦で有効枚数を数えるのは無理なので直感で切るしかないが、147mの三面受けが残ること、三色のことを考えて3mが切れれば牌効率でかなり上級者クラス。

(4)打pin8m.gifが正解。
sou7m.gif 789pの3種10枚で良形 25pの8枚で役なし単騎 34pの6枚で役なしペンチャン
pin8m.gif 259p78sの5種18枚で良形
良形テンパイは愚形テンパイの倍くらいの価値があるうえ、マンズが伸びたときや6sツモのときなどに有効枚数にさらに差が出る。10巡目以降なら打7sでテンパイを優先させる。

(5)打8m・・・6m58pの9枚でタンヤオカンチャン、7sの4枚でタンヤオノベタン
pin5m.gif・・・68m68sの12枚でタンヤオカンチャン、7m7sの8枚でタンヤオ単騎

ノベタンは良形といえば良形だが、ピンフもつかないしカンチャンと2枚しか変わらないのでたいしたことはない。単純にテンパイ枚数の多い打pin5m.gifが正解。細かいところだがドラ3mを引いたら打2mで三色狙いが成立するので、8pではなく5p切りが少しいいか。
これでソーズ部分がsou6m.gifsou8m.gifではなくsou6m.gifsou7m.gifなら、良形率ピンフ率の高い8m切りが正解になる。

▲閉じる

牌効率 リーチ判断

何巡目までリーチ、テンパイ取りダマ、あるいはテンパイ崩しするか(天鳳特上東風戦、喰いタンあり赤あり)
(1)2m3m4m4m6mpin1m.gifpin2m.gifpin3m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gifhakum.gifhakum.gifsham.gif ドラtonm.gif
(2)4m6m9m9m9mpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin9m.gifpin9m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou9m.gifsou9m.gif ドラtonm.gif
(3)1m2m3m5m5msou3m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou5m.gifsou5m.gifpin5m.gifpin6m.gifpin7m.gifsham.gif ドラpin9m.gif
(4)2m4mman5r.gif6m7mpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou8m.gifsou8m.gif ドラsou3m.gif
(5)1m1m2m2m4mpin1m.gifpin1m.gifpin7m.gifpin7m.giftonm.giftonm.gifhatum.gifhatum.gifpeim.gif ドラ4m (ドラpeim.gifの場合は?)

(1)ダマで7700なかったら愚形でも即リーというのが一発裏ドラありルールでの一つの原則だが、リーチして愚形1300点のクソ手の場合にはそうもいかない。
喰いタンあり赤ありのリーチが弱いルールでは、愚形1300点リーチはさすがに損だ。
自分がドラを持ってないぶん他家に7枚のドラがあるし、リーチ棒支出も考えるとかなりの期待値マイナスになる。
この牌姿でもダマ1m2m3m4m6m7mhakum.gifでマシなテンパイになる。hakum.gifは出たらポンしていい。
愚形が連続系につながっているときは解消しやすいので手変わり待ちは悪くない。
親でもダマ。親で白一枚切れならリーチ。

(2)愚形ノミ手リーチは良くないと言っても、手変わりが全く望めない牌姿ではリーチも仕方ない。
この形なら5巡目程度まではリーチしてしまったほうが良いと思う。man5r.gifツモの5200の可能性もある。
7,8巡目くらいになって、誰かがリーチしてきそうだったり、仕掛けが入っているような状況では9sを切ってダマテンにするのが安全な打ち方。
親なら巡目によらずリーチで良い。

(3)ダマ。親ならリーチ。リーチして愚形2600ならリーチしても良いが、自分で一枚使っているし、4m5mman5r.gifsou2m.gifsou3m.gifsou5m.gifsou5r.gifsou6m.gifの手変わりがある。
これがカンsou2m.gifsou8m.gifだったり、カンsou5m.gifの一盃口だったらリーチしていいと思う。
カン28sならあがりやすいため、カン5sならsou5r.gifツモでマンガンになるため。
赤あり東風戦じゃなくリーチが強い赤なし東南戦だったら子でも即リーで良いと思うが、微差を争うことが多い東風戦では、リーチ棒支出がもったいないと見る。

(4)即リー5m6m8mのピンフ変化とpin2m.gifや赤ツモがくればかなり期待値が大きくなるが、3mツモでマンガンになるこの形だと即リーのメリットのほうが大きそうだ。

(5)ドラ4mのとき・・・子なら4m単騎リーチ、親ならpeim.gif単騎リーチがよさそう。
親でも子でもドラ単のダマはイマイチだ。4mはダマでもなかなか出ないので、他家の手を遅くさせ、ツモの回数を増やすドラ単リーチのほうが優秀。親でドラ4m単騎リーチも悪くないが、北単騎でも最低4800点あるし、親では和了率の高い選択のほうが有利と思われる。中盤以降ドラが切れなくなってきたらドラ単にするしかないが。

ドラ北のとき・・・子でも親でもドラ単ダマ
字牌のドラは手の内で使えないため案外場に出る。6400を8000にするためにアガリを逃す必要はない。

▲閉じる

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。