初中級者のための麻雀何切る問題集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みについて(3)


有効かどうかやや微妙な読み

・安全牌切りリーチ
二枚切れの字牌を切ってリーチしてきた場合、その直前の数牌は未完成ターツにかかわっていない可能性が高い。一萬一萬三萬四筒五筒八筒八筒北だの三萬三萬四萬四筒五筒八筒八筒北だのといったイーシャンテンであった場合、三萬より先に北を切るはずだからだ。すなわち、この理屈に従うと八索三萬北横というような捨牌になっている場合では、九索一萬二萬あたりが割と安全と考えられる。・・・というのがいつも成立すればいいのだが、実戦ではそうもいかない。完全イーシャンテンからのソバテンリーチ(三萬切りリーチで二萬五萬待ちのような)を嫌って三萬を先に切る打ち手も少なくないし、三萬八筒が3枚以上切れていたら安全牌のほうを残すだろうし、いろいろな理由で切り順が逆になる。あくまで参考程度にとどめておくのが正しい態度だろう。このあたり、打ち手の性格も出るので、その打ち手のことをよく分析できていれば、判断材料の足しにはなる。

・赤切りリーチ
リーチに限らず、赤あり麻雀の場合赤を切ってきたというのは非常に大きな判断材料となる。5を持っていないとすれば、5に絡むリャンメン待ちと135や579のような形からの引っかけが否定されやすいからだ。すなわち、五筒赤を切ってリーチしてきたとすれば、二筒三筒七筒八筒がかなり安全となる。一筒四筒六筒九筒は特に安全にはなっていないことに注意。また、鳴いている人から赤が出てくれば、テンパイを疑ったり染め手を疑ったりする。五筒赤を切った後に手出しで二筒切りがあった場合は、一筒一筒二筒五筒赤二筒二筒三筒五筒赤からの切り出しを強く疑う。一筒は超危険となる。

・リャンメン落とし
誰かが二萬三萬と手出しで落としてきた場合、理屈としては次のようなケースに分類できる。

二萬二萬三萬三萬もしくは二萬三萬五萬六萬からの二度受けを外した→一萬四萬七萬の筋が危険
・他に二萬三萬より優秀なターツがあった・・・たとえばドラや赤入りターツ、三門張など
・手役がからむ場合・・・トイツ手、タンヤオ、染め手
・オリ気味に打っている、空切り(二萬三萬四萬五萬六萬と引いてきた)などのノイズ的な理由
・複合形・・・二萬三萬五萬六萬七萬八萬八萬など

ということは、パターンや例外が多くて実戦的にはたいして役に立たないわけである。管理人もリャンメン落としは注意して覚えているが、何かの役にたった記憶はあんまりない。二萬三萬落としなら一萬四萬七萬は少し警戒しておこうかな、程度である。

・トイツ落とし
トイツ落としが見られた場合、数牌トイツの場合には、チートイツや単騎待ちが否定される程度だが、役牌トイツ落としをしてきた場合には、それなりに役に立つ情報だと言える。まず間違いなくタンヤオピンフ系、それもかなり整った手でないと役牌トイツは切られないからだ。

まとめ
赤切りはかなり大事な情報となるが、リャンメン落としや安全牌の残し方などは、例外も多く過信するのは危険だと思うのが管理人のスタンスである。相手が常に合理的な打ち方をするとも限らないので、細かい切り順から読みを組み立てるのは妄想にしかならないので控えたほうが良い。

▲閉じる

スポンサーサイト

ベタオリ

何切る 手牌伏せ

前回の記事に関連して、2件リーチに対してのベタオリ問題。
暗転している牌はツモ切りしたもの。
一番安全な牌をただしいロジックのもとに導けるだろうか。

何切る 手牌表示

両方共に通っているゲンブツがないので、片方のみに通っているゲンブツを切るか、両方に通っている筋を切るか、である。
下家の現物は一枚もなく、対面の現物は4mと7mと1pがある。
両方に通っているスジとしては、5m2p3p4s・・・。

筋が通っている牌はリャンメン待ちがありえないので、単騎待ち・シャボ待ち・カンチャン待ち・ペンチャン待ちのいずれかになる。
単騎・シャボは、自分から2枚以上見えている牌についてかなり安全になる。
カンチャン・ペンチャンは、隣りの牌が4枚見えている時ありえなくなる。

よって正解は、1pが四枚見えているのでカンチャン待ちがありえなく、2pを自分で2枚もっているので単騎やシャボの可能性も低い2pが一番安全だ。字牌のトイツを通すのと同じくらいの安全度と考えられる。次に安全なのは4sや1pだろうか。

以上の論理は簡単ではあるが、実戦の時間内で即座に組み立てるのは訓練が必要だ。
日頃から牌の安全度について意識して上記のような難しい状況になっても対応できるようにしたい。

▲閉じる

読みについて(2)

相手の持っている形を決めるよりは、相手の持っていない形を決めるほうが確実性が高いようだ。

有効と思われる読み

序盤に切った牌の外側
序盤に切った牌やその外側、一つとなりは持ってない可能性が高い。
これは出現頻度が非常に高く、信頼度も高い簡単で大切な読みである。
2mが未完成ターツに関わっている形(2m4m4m1m2m2m2m2m3m等々)の2mは有効牌として通常より切られにくいはずなので、2mを序盤に切っている場合、2mの関連牌はもっていない可能性が高いと言って良い。
誰かが第一打に2mを切っているならその人は1m2m3mの3種類を持ってない可能性が通常より高く、持っているとしても完成したターツからである(1m1m1m2m1m2m2m3mから2mを切った)なので、特に1mの安全度が高くなる。

間四ケン
裏筋が二つ複合した形、たとえば2m7mが切れている捨牌での3m6m待ち、pin4m.gifpin9m.gifが切れている捨牌でのpin5m.gifpin8m.gif待ちなどは間四ケンと言われ、通常の無筋よりは危険になっている。
「裏筋」は他の無筋に比べて特に危険ではないのに「間四ケン」が危険になるのは不思議なようにも思えるが、説明するロジックはちゃんとある。間四ケンは「早いうちに切った牌は持っていない」という確からしい読みが二つ重なり、その色の未完成ターツを限定しているのである。具体的には、
2mだけが切れているケースで4m5m5m6m6m7m7m8mのリャンメンが残っているケースはどれもだいたい同じくらいだが、リーチ宣言までに2m7mが切れているケースでは4m5m以外の形が考えにくくなり、条件付き確率の考え方で、他の色の無筋と比べても4m5mと持っているリャンメン待ちは危険と言えるのである。
ただし、2m7mがリーチ宣言牌になっている場合は、その牌が手牌の有効牌であった可能性が高いので、以上の読みは意味をなさない。つまり、間四ケンの読みは、2m7mがリーチ前に切れている場合のみ有効と言える。

宣言牌の筋
pin5m.gifを切ってリーチしてきた場合のpin2m.gifpin8m.gifは、通常より少し危険だ。pin1m.gifpin3m.gifpin5m.gifpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifのようなリャンカン形はテンパイまで外さずに、テンパイになったらpin5m.gif切りリーチとすることが多いためだ。この読みは、pin5m.gif切りリーチがpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifからと決めつけているわけではなく、リーチ前にpin5m.gifが捨てられている場合にpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifから捨てている場合が少ないので、相対的に危険になるということである。
pin5m.gif切りリーチの場合のpin2m.gifpin8m.gifは、pin2m.gifpin8m.gifが場に何枚見えているかによって大きく異なるが、pin2m.gifpin8m.gifが見えていない場合、無筋とリーチ前に通っている筋の中間くらいの危険度と考える。

ノーチャンス・ワンチャンス・ツーチャンス・生牌
いわゆる「読み」というよりは「数え上げ」の手法だが、リーチに対する危険度を推測する場合には一番確実なやり方だ。
安全な順に、ノーチャンス(7mが全部見えているときの8m)>筋(5mが通っているときの8m)>ワンチャンス(7mが3枚見えているときの8m)>>ツーチャンス(7mが2枚見えているときの8m) くらい意識しておけばいい。

そしてある牌が生牌(場に見えていない牌)かどうかというのはかなり重要なファクターである。
たとえば、pin8m.gifが2枚切れているときに、誰かがpin5m.gif切りリーチをしたとする。「宣言牌の筋」ではあるが、pin8m.gifはほぼ通る。pin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifから残り2枚のカンpin8m.gifには受けないし、残り一枚のpin8m.gif単騎でリーチするはずもないからだ。生牌でなければかなり安全になるということで、これは筋が通ってなくても同じだ。逆に言えば、一般に生牌はそれだけで危険だ。中盤以降、リーチがかかってなくても、場に見えてない牌を切るのはそれなりのリスクを伴っていることは意識するべきである。

長くなったのでいったん切って、次回で「読みについて」を終わる。

▲閉じる

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。