初中級者のための麻雀何切る問題集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みについて(3)


有効かどうかやや微妙な読み

・安全牌切りリーチ
二枚切れの字牌を切ってリーチしてきた場合、その直前の数牌は未完成ターツにかかわっていない可能性が高い。一萬一萬三萬四筒五筒八筒八筒北だの三萬三萬四萬四筒五筒八筒八筒北だのといったイーシャンテンであった場合、三萬より先に北を切るはずだからだ。すなわち、この理屈に従うと八索三萬北横というような捨牌になっている場合では、九索一萬二萬あたりが割と安全と考えられる。・・・というのがいつも成立すればいいのだが、実戦ではそうもいかない。完全イーシャンテンからのソバテンリーチ(三萬切りリーチで二萬五萬待ちのような)を嫌って三萬を先に切る打ち手も少なくないし、三萬八筒が3枚以上切れていたら安全牌のほうを残すだろうし、いろいろな理由で切り順が逆になる。あくまで参考程度にとどめておくのが正しい態度だろう。このあたり、打ち手の性格も出るので、その打ち手のことをよく分析できていれば、判断材料の足しにはなる。

・赤切りリーチ
リーチに限らず、赤あり麻雀の場合赤を切ってきたというのは非常に大きな判断材料となる。5を持っていないとすれば、5に絡むリャンメン待ちと135や579のような形からの引っかけが否定されやすいからだ。すなわち、五筒赤を切ってリーチしてきたとすれば、二筒三筒七筒八筒がかなり安全となる。一筒四筒六筒九筒は特に安全にはなっていないことに注意。また、鳴いている人から赤が出てくれば、テンパイを疑ったり染め手を疑ったりする。五筒赤を切った後に手出しで二筒切りがあった場合は、一筒一筒二筒五筒赤二筒二筒三筒五筒赤からの切り出しを強く疑う。一筒は超危険となる。

・リャンメン落とし
誰かが二萬三萬と手出しで落としてきた場合、理屈としては次のようなケースに分類できる。

二萬二萬三萬三萬もしくは二萬三萬五萬六萬からの二度受けを外した→一萬四萬七萬の筋が危険
・他に二萬三萬より優秀なターツがあった・・・たとえばドラや赤入りターツ、三門張など
・手役がからむ場合・・・トイツ手、タンヤオ、染め手
・オリ気味に打っている、空切り(二萬三萬四萬五萬六萬と引いてきた)などのノイズ的な理由
・複合形・・・二萬三萬五萬六萬七萬八萬八萬など

ということは、パターンや例外が多くて実戦的にはたいして役に立たないわけである。管理人もリャンメン落としは注意して覚えているが、何かの役にたった記憶はあんまりない。二萬三萬落としなら一萬四萬七萬は少し警戒しておこうかな、程度である。

・トイツ落とし
トイツ落としが見られた場合、数牌トイツの場合には、チートイツや単騎待ちが否定される程度だが、役牌トイツ落としをしてきた場合には、それなりに役に立つ情報だと言える。まず間違いなくタンヤオピンフ系、それもかなり整った手でないと役牌トイツは切られないからだ。

まとめ
赤切りはかなり大事な情報となるが、リャンメン落としや安全牌の残し方などは、例外も多く過信するのは危険だと思うのが管理人のスタンスである。相手が常に合理的な打ち方をするとも限らないので、細かい切り順から読みを組み立てるのは妄想にしかならないので控えたほうが良い。

スポンサーサイト

▲閉じる

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokubunngi.blog7.fc2.com/tb.php/37-2b0a8c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。