初中級者のための麻雀何切る問題集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベタオリ

何切る 手牌伏せ

前回の記事に関連して、2件リーチに対してのベタオリ問題。
暗転している牌はツモ切りしたもの。
一番安全な牌をただしいロジックのもとに導けるだろうか。

何切る 手牌表示

両方共に通っているゲンブツがないので、片方のみに通っているゲンブツを切るか、両方に通っている筋を切るか、である。
下家の現物は一枚もなく、対面の現物は4mと7mと1pがある。
両方に通っているスジとしては、5m2p3p4s・・・。

筋が通っている牌はリャンメン待ちがありえないので、単騎待ち・シャボ待ち・カンチャン待ち・ペンチャン待ちのいずれかになる。
単騎・シャボは、自分から2枚以上見えている牌についてかなり安全になる。
カンチャン・ペンチャンは、隣りの牌が4枚見えている時ありえなくなる。

よって正解は、1pが四枚見えているのでカンチャン待ちがありえなく、2pを自分で2枚もっているので単騎やシャボの可能性も低い2pが一番安全だ。字牌のトイツを通すのと同じくらいの安全度と考えられる。次に安全なのは4sや1pだろうか。

以上の論理は簡単ではあるが、実戦の時間内で即座に組み立てるのは訓練が必要だ。
日頃から牌の安全度について意識して上記のような難しい状況になっても対応できるようにしたい。

▲閉じる

読みについて(2)

相手の持っている形を決めるよりは、相手の持っていない形を決めるほうが確実性が高いようだ。

有効と思われる読み

序盤に切った牌の外側
序盤に切った牌やその外側、一つとなりは持ってない可能性が高い。
これは出現頻度が非常に高く、信頼度も高い簡単で大切な読みである。
2mが未完成ターツに関わっている形(2m4m4m1m2m2m2m2m3m等々)の2mは有効牌として通常より切られにくいはずなので、2mを序盤に切っている場合、2mの関連牌はもっていない可能性が高いと言って良い。
誰かが第一打に2mを切っているならその人は1m2m3mの3種類を持ってない可能性が通常より高く、持っているとしても完成したターツからである(1m1m1m2m1m2m2m3mから2mを切った)なので、特に1mの安全度が高くなる。

間四ケン
裏筋が二つ複合した形、たとえば2m7mが切れている捨牌での3m6m待ち、pin4m.gifpin9m.gifが切れている捨牌でのpin5m.gifpin8m.gif待ちなどは間四ケンと言われ、通常の無筋よりは危険になっている。
「裏筋」は他の無筋に比べて特に危険ではないのに「間四ケン」が危険になるのは不思議なようにも思えるが、説明するロジックはちゃんとある。間四ケンは「早いうちに切った牌は持っていない」という確からしい読みが二つ重なり、その色の未完成ターツを限定しているのである。具体的には、
2mだけが切れているケースで4m5m5m6m6m7m7m8mのリャンメンが残っているケースはどれもだいたい同じくらいだが、リーチ宣言までに2m7mが切れているケースでは4m5m以外の形が考えにくくなり、条件付き確率の考え方で、他の色の無筋と比べても4m5mと持っているリャンメン待ちは危険と言えるのである。
ただし、2m7mがリーチ宣言牌になっている場合は、その牌が手牌の有効牌であった可能性が高いので、以上の読みは意味をなさない。つまり、間四ケンの読みは、2m7mがリーチ前に切れている場合のみ有効と言える。

宣言牌の筋
pin5m.gifを切ってリーチしてきた場合のpin2m.gifpin8m.gifは、通常より少し危険だ。pin1m.gifpin3m.gifpin5m.gifpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifのようなリャンカン形はテンパイまで外さずに、テンパイになったらpin5m.gif切りリーチとすることが多いためだ。この読みは、pin5m.gif切りリーチがpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifからと決めつけているわけではなく、リーチ前にpin5m.gifが捨てられている場合にpin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifから捨てている場合が少ないので、相対的に危険になるということである。
pin5m.gif切りリーチの場合のpin2m.gifpin8m.gifは、pin2m.gifpin8m.gifが場に何枚見えているかによって大きく異なるが、pin2m.gifpin8m.gifが見えていない場合、無筋とリーチ前に通っている筋の中間くらいの危険度と考える。

ノーチャンス・ワンチャンス・ツーチャンス・生牌
いわゆる「読み」というよりは「数え上げ」の手法だが、リーチに対する危険度を推測する場合には一番確実なやり方だ。
安全な順に、ノーチャンス(7mが全部見えているときの8m)>筋(5mが通っているときの8m)>ワンチャンス(7mが3枚見えているときの8m)>>ツーチャンス(7mが2枚見えているときの8m) くらい意識しておけばいい。

そしてある牌が生牌(場に見えていない牌)かどうかというのはかなり重要なファクターである。
たとえば、pin8m.gifが2枚切れているときに、誰かがpin5m.gif切りリーチをしたとする。「宣言牌の筋」ではあるが、pin8m.gifはほぼ通る。pin5m.gifpin7m.gifpin9m.gifから残り2枚のカンpin8m.gifには受けないし、残り一枚のpin8m.gif単騎でリーチするはずもないからだ。生牌でなければかなり安全になるということで、これは筋が通ってなくても同じだ。逆に言えば、一般に生牌はそれだけで危険だ。中盤以降、リーチがかかってなくても、場に見えてない牌を切るのはそれなりのリスクを伴っていることは意識するべきである。

長くなったのでいったん切って、次回で「読みについて」を終わる。

▲閉じる

読みについて

何切る問題という主旨からは外れるのだが、ここで麻雀において「読み」と総称される技術のうちいくつかについて、有用と思われるものと不要と思われるものについて管理人の意見をまとめておきたい。
まずは、対リーチに対して、どの読みが有効か?
以下のどの条件にあてはまれば安全度がどの程度上下するか?
または実戦的には事実上関係ないか?という話である。

裏筋 宣言牌のマタギ筋 宣言牌の筋 間四ケン
序盤の捨牌の外側 手役読み(七対、混一、三色、)
ワンチャンス 生牌 安全牌切りリーチ 赤切りリーチ
リャンメン落とし カンチャン落とし(間に安全牌がある形) トイツ落とし

不要と思われる読み

裏筋 
対リーチに関しては、捨牌の裏筋というものは全く無視していい。捨牌の二筒が、二筒四筒五筒からのものなのか、二筒五筒六筒からのものなのか、単なる孤立二筒からのものなのか判断できないからだ。
むしろ、二筒の周りの連続系の可能性が否定されるため、通常より三筒は安全とすら言える。

宣言牌のマタギ筋
五萬を切ってリーチしてきたときに、四萬五萬五萬五萬五萬六萬からのリーチの可能性が高いとして三萬六萬四萬七萬を警戒することがあるが、これは捨牌にもよるが、基本的にあまり意味がないと考える。
というのは、仮に五萬五萬六萬五筒六筒東東のような形が残った完全イーシャンテンだったとしてさえ、四萬五萬七萬東が先に入れば四萬七萬待ちにならないので、40%の確率でしか四萬七萬待ちにならない精度の悪い読みだと言えるからだ。
しかも実際に完全イーシャンテンになる可能性はあまり高くなく、愚形や連続系が混じっている形ではこの読みは役に立たないため、例外が非常に多い読みと言える。宣言牌のマタギ筋も通常の無筋と同じに扱うのが基本だ。

手役読み
リーチに対して手役を読むのも無駄な努力に終わることが多い。
三色・平和・タンヤオなどは全く読むだけ無駄だし、七対や混一のように見える捨牌も、実際に倒されてみるとそうではなかったということは多い。
七対だけはよく手出しを見ていれば看破できることはあるが、5巡目以内のリーチに対してはいくら中張牌ばかり切れているからといって、七対だと決めつけるのは危険だ。
チートイであると自信を持って言えるのは、中張牌や2枚切れ以上の字牌がバラ切りされていて、字牌を切ってリーチ、などのときだが、そもそもチートイという役自体5%も出現しないので、これを読めてもあまり意味がない。

カンチャン落とし
八萬北六萬(リーチ)のような捨牌になっているとき、安全牌をツモ切って六萬を残しておいたのは五萬六萬六萬の形があるからであり、四萬七萬が危険である、という読みをする人がいるが、管理人の経験ではそのパターンで特に四萬七萬が危険ということはなかった。
「宣言牌のマタギ筋」がほかの無筋に比べて特に危険ではない、というのと同じような理屈で、その形以外でその捨牌になるパターンが多すぎることと、その形であったとしても四萬七萬六萬が先に入っていれば四萬七萬待ちではなくなるため、とにかく例外が多すぎるのである。


要するに、「不要な読み」「間違った読み」に共通していることは、いくらでも例外があるのに特定の形を想像してその形に決めつけてしまうことが間違いの原因だということである。第一打に一萬を切ったら四萬を持っている、ツモ切りリーチはその前の捨牌の筋が危ない、などもその類である。
そうではなく、特定の形があり得ないということを決めるのが有効な読みとなる。

次回更新で残りの「有効と思われる読み」についてまとめる。

▲閉じる

ドラのあつかい

次の手牌は切り方によってドラと赤に対応できるかどうか変わってくる。
問題として出されると簡単かもしれないが、実戦でここまできちんと意識して打つのは難しい。
(1)pin2m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin5m.gifpin6m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou7m.gifsou7m.gif ポン2m2m2m ドラsou7m.gif
(2)3m3m5mman5r.gifsou2m.gifsou3m.gifsou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou8m.gif チーpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gif ドラsou4m.gif
(3)2m3m3m4m4m4mpin3m.gifpin4m.gifpin5r.gifpin6m.gifpin7m.gif チーsou3m.gifsou4m.gifsou5r.gif ドラsham.gif
(4)1m3m4m5m6m6m8mpin4m.gifpin5r.gifsou8m.gifsou8m.gifsou8m.gifsou9m.gifsou9m.gif ドラ6m
(5)3m4m6m7mpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin7m.gifpin8m.gifpin9m.gifsou1m.gifsou2m.gifsou3m.gifpeim.gif ドラ6m

(1)普通にpin2m.gifを切ると、喰い替え禁止なのでpin5r.gifを鳴けなくなってしまう。
pin5m.gifを切れば、上家がpin5r.gifを切ってきたときにpin4m.gifpin5r.gifpin6m.gifのカンチャンチーで打pin2m.gifとでき、喰い替えにならない。

(2)この問題も、打sou8m.gifとすればドラsou4m.gifsou5r.gifが鳴ける。
sou2m.gifsou3m.gifsou4m.gifの形でチーして打sou8m.gifsou5r.gifsou6m.gifsou7m.gifの形で鳴いて打sou2m.gifとすれば喰い替えにならない。
sou2m.gifsou5m.gifを切らないよう注意。

(3)2mを切れば5mが鳴ける。
3mを切ると喰い替えになってしまい5mが鳴けなくなるので注意。
この形はman5r.gifだけでなく345の三色もあるので5mも鳴こう。4mをカンしてマンガンを狙うのも面白い。

(4)ドラ6mを使い切るには1m切りが正解。
8mを切ると2mツモのときドラが出て行ってしまう。

(5)基本的にpeim.gifを切るのが良い。
ドラをツモってきたときに二度受け解消かつドラを使い切れる。
peim.gifを切った後pin1m.gifpin4m.gifをツモってきたときは、打pin2m.gifとした形が受けが広い。

▲閉じる

牌効率 初級手筋(2)

前回難しすぎたので、簡単な基礎の確認問題。
(1)1m2m3m5mpin2m.gifpin2m.gifpin6m.gifpin7m.gifsou1m.gifsou2m.gifsou3m.gifsou6m.gifsou8m.gifsou8m.gif ドラ7m
(2)2m3m7m8mpin4m.gifpin5r.gifsou1m.gifsou1m.gifsou4m.gifsou5m.gifsou6m.gifsou6m.gifsou7m.gifsou7m.gif ドラpin1m.gif
(3)3m3m6mpin2m.gifpin2m.gifpin2m.gifpin3m.gifpin5m.gifpin7m.gifsou2m.gifsou4m.gifsou7m.gifsou7m.gifsou7m.gif ドラ5m
(4)1m2m2m3m3m6m7mpin1m.gifpin1m.gifpin6m.gifsou3m.gifsou5m.gifsou5m.gifsou7m.gif ドラ7m
(5)1m2m3m6m7mpin3m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifsou4m.gifsou6m.gifsou8m.gifsou8m.gif ドラ1m

リーチを狙う手において「リーチ先制率(リーチ平均巡目)」「良形率」「打点」はそれぞれ同じくらい大事であるが、「打点」は狙って高くしようとしなくてもドラが1枚あればそこそこ高くなりうるし、三色など手役を狙うとリーチ巡目、良形率が犠牲になりやすいため、あまり意識する必要はない。他の二つは牌効率によって大きく変わるし、成績にも影響する大事な項目だ。
「リーチ巡目」「良形率」は両方高いレベルにすることは難しいが、
リーチ巡目が8.3なら良形率52%,リーチ巡目が8.5なら良形率55%,リーチ巡目8.7なら良形率59%(私)というような基準が天鳳特東における上級者のデータの一例である。むろんこの2つだけでリーチの上手さを語るのは無理があるが、参考にはなると思う。

(1)5m切りが良い。愚形リーチが嫌だからといって、sou6m.gifなどを切ったりすれば、sou7m.gifツモでの好形リーチを逃すことになる。5mの周り4m6mの8枚を持ってきてやっとイーシャンテンよりは、sou7m.gifツモの4枚でテンパイ、リーチとなるほうがずっと有利だ。先制で好形リーチを打つためには愚形をメンツにできる受け入れを手厚く残すのがポイントで、愚形を払うのではない。

(2)2m3mまたは7m8m落としが正解。
ターツオーバーの時は一番弱い部分をできるだけ早めに落とし、他の受けを強くすることによってイーシャンテンの受け入れを多くするのが良い。sou4m.gif切りはイーシャンテンの受け入れを減らす典型的な誤答。sou1m.gif落としでタンヤオ狙いはやや無理がある。

(3)チー可能なイーシャンテンならドラそばとはいえ6m切りだろう。
愚形ばかりの手なので、pin4m.gifpin6m.gifsou3m.gifはさっと鳴いてテンパイをとる。

(4)この手も(1)の問題と同じで、pin6m.gifを切って愚形解消の受け入れを多く残すのが良い。
pin6m.gifにくっつけて好形リャンシャンテンにするよりは、pin1m.gifsou5m.gifの4枚をツモって好形イーシャンテンにするほうが良いに決まっている。

(5)sou8m.gifを切ればsou5m.gifツモでピンフがつくし、sou5r.gifツモの最高形もあるが、pin3m.gifpin3m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin6m.gifこの形があるときはsou4m.gif切りが正解だ。
pin2m.gifpin4m.gifpin5m.gifpin7m.gifツモでのピンフ変化のほうがずっと重要となる。先に5m8mツモなら、打sou6m.gifとしてピンフ手変わりを待つ打ち方もできる(pin3m.gifsou8m.gifの枚数が少なくなければ即リーがおすすめだが)

▲閉じる

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。